shin422のブログ

民族派右翼による「便所の落書き」擬きの日記

2019-05-20から1日間の記事一覧

ドゥルーズの社会存在論

西田幾多郎は、『無の自覚的限定』に収録されている論文「私と汝」において、いかなる具体的な場ではない開かれた普遍性の極限にあるという意味で、とりあえず「無」という他ない「場所」が自己限定していく分節作用によって私と汝が何者でもない「裸の存在…

謎としての自然

『平家物語』巻九では、主として一の谷の合戦の様子が描かれているが、特に「知章最期」の段は、生田の森の大将軍新中納言知盛の心の動きを追っていくことを主旋律として、その知盛の子である知章の最期が物語られてゆく切ない箇所である。とりわけ、監物太…