shin422のブログ

『哲学のヤンキー的段階』のための備忘録

2019-06-13から1日間の記事一覧

ドゥルーズ・ブーム

1980年代に、浅田彰『構造と力-記号論を超えて』(勁草書房)が火付け役となってドゥルーズのブームが沸き起こり、蓮實重彦『フーコー・ドゥルーズ・デリダ』(河出書房新社)や中沢新一『チベットのモーツアルト』(講談社)や宇野邦一『意味の果てへの旅…