shin422のブログ

右翼反動による「便所の落書き」擬きの日記

常識について

 「常識」とは何かと問う時、そこに現れた文字だけを頼りにしてその意味を探ると、「常人でも持っているような知識」となりそうであるが、これだと「常識」の英訳である「コモン・センス(common sense)」ではなく、common knowledgeになってしまう。そもそも、senseには知識という意味はない。そうではなく、senseとは知識ではなく物事を識別する能力の方を指す。したがって「常識」とは、「常人でも持っている物事を識別する能力」という意味での「常識」であって、知識であることを含意させるような理解は端的に誤りであるということになりそうである。

 

 顧みると、この「常識」という概念の由来は、アリストテレス『霊魂論』第二巻・第六章にあるコイネ・エスセニス(共通感覚)にあるというのが思想史上の通説的理解である。目や耳あるいは鼻などの五官は、それぞれ個別の感覚として分析的に捉えることは可能ではあるものの、人間の身体全体のなかではそれが統一されている。本来個別的で異質な感覚からの情報をまとめて一つのものとしてバランスをとって調整することで知覚する能力をアリストテレスはコイネ・エスセニスと呼んだのだろう。

 

 コモン・センスとは、このバランスをとった調整機能としての意味合いを持つものとして、とりわけ近世以降の英国においては理解されてきた。あくまで哲学研究の素人としての浅い理解に留まることを承知で言うならば、ライプニッツの「観念を持つ」ことの意味、あるいはウィトゲンシュタインの言語の意味の理解に近似しているとも解釈できそうである。このコモン・センスが欠けているということは、人格の統一すら危ぶまれるようになるという意味で、人間をして人間たらしめる重要な要素であると考えられるようになったのだが、特に17世紀から18世紀あたりの英国の思想史を紐解くならば、この「常識」が極めて重要な要素として意味を持ち始めた。というのも、英国なかでもスコットランドでは、極端な主観主義や観念論が幅を利かすようになったからである。

 

 ロックは、熱さや冷たさあるいは甘さや辛さといった「第二性質」を単なる観念や印象に分類し、バークレーはそれをさらに進めて、外延や形態などの「第一性質」までをも観念か精神のもたらすものとしてみなすに至ったわけだが、ヒュームは、この上にバークレーの「精神」まで否定したので、この世にあるものは観念と印象だけという極めて奇妙でかつ不自然なことになってしまった。サミュエル・ジョンソンバークレーと会った帰り際に、次のような嫌味を残したと伝えられている。「バークレー僧正、帰らないでください。貴殿が私の目の前からいなくなることは、貴殿ご自身の説によれば、貴殿自身が消滅してしまうことになります。私は貴殿にこの世から消滅してもらいたくないのです」と。

 

 こうした観念論の隆盛に対して最も強い反動が見られたのが、ヒュームの出身地でもあるスコットランドであった。いわゆる「スコットランド常識学派」の誕生である。18世紀の「スコットランド常識学派」の中心人物であるリードによると、ヒュームの観念論は最終的には帰謬法になるというのである。帰謬法すなわちreductio ad absurdumとは、アリストテレス論理学に由来するものであるが、ある命題を真であると仮定して推論していくと矛盾した結論に至らざるをえないことを示すことによって、初めの仮定された命題が真であることが不可能であることを論証する方法で、もちろん仮定された命題が真であることを証明する方法ではない。

 

 常識学派のヒュームに対する反論は、ヒュームの説を推し進めていくと、この宇宙の中には観念と印象だけしかなくなり、実体を備えたものは何もなくなってしまう。人間の場合も、頭の中に浮かぶ観念や印象はあっても、その人の頭もなければ肉体も実在しないことになる。これは馬鹿げた話なので、観念論の結論自体が観念論の出発点が間違っていることを証明しているのである、と。この反論が成功しているか否かは、相当疑問符がつくことであるので、いずれが正しいかをこの場で結論づけるわけにはいかない。ここでは「スコットランド常識学派」からすれば「バカバカしい」議論が哲学の世界の中で営まれ続けてきたということの確認で十分である(もちろん「バカバカしい」議論が無価値なわけではない。「バカバカしい」議論そのものの面白さがあることも確かながら、「バカバカしい」議論の「効用」もあるということである)。

 

 19世紀になると次はアングロ・ヘーゲリアンという有力な連中が出てきたが、中でもオックスフォードのブラッドレイの『現象と実在』が代表作であり、これに対してもムーアが「観念論論駁」などにおいて主として「外界の存在」を否定する議論が論理矛盾に陥らざるを得ないことを示すことを通じて「常識」を擁護する主張を展開したことでも知られている。面白いことに、「常識」への懐疑論も、また「常識」の擁護論も、英国においては保守主義の弁証に帰結した。

 

 ヒュームの懐疑論は、方法として懐疑を通じてむしろ「常識」の土壌である「伝統」を擁護する立論としても読めるし、「常識」の擁護をしたムーアも、これまで直接的な保守主義的言説を残しているわけではないにせよ、やはり基本は英国の伝統的な保守主義を下支えする機能を果たしているし、ウィトゲンシュタインの哲学も、もちろん政治的な保守思想を喧伝するものではないにせよ、保守主義の社会理論の哲学的根拠を提供するものとして読む保守思想家は数多く存在する。

 

 この「常識」は、人間の社会がそれとして維持していくための半ば「安全装置」のように機能していることは厳然たる事実であるように思われる。その意味で、「常識」の効用は大きいと言わねばならないだろう。但し、要注意なのは、この「常識」にどこまでの内包を読み取るかということである。もちろん、それ自体が「常識」に依拠する側面もあるので、厳格に解するならば「論点先取」の構造になっていること否めない。この「常識」を敢えて懐疑にさらす営みも哲学ならば、同時に「常識」の効用の重要性を指摘する営みも哲学であると考えるならば、哲学の一部門である倫理学は、一見して前者の営みのように見えるものの(ニーチェの思索はその一つだろうが)、実は後者の営みであることが多く、しかもそれだけなら結構なことであるものの、「常識」を別の「常識」に挿げ替えようという目論見であることがしばしばである。

 

 今日の倫理学は、主として二つないしは三つの基本的な枠組みのもとで捉えられており、むしろニーチェの思想はほとんど傍流の中の傍流であるとさえ言えるし、フーコーのそれもほとんどそうした扱いになっているとも言える。現代倫理学の基本的潮流は、カントの義務論に由来する正義論ないしは契約説的な理解(もちろん正義論イコール契約説ではないが)と功利主義に大別され、もっとも両者が完全に相いれない思考であるわけではないので、両者を接合するような試みがむしろ英米倫理学では盛んに研究されているだろう。加えてアリストテレス『ニコマコス倫理学』やトマス・アクイナスの徳倫理の伝統を復興させる系譜も存在するが必ずしも主流とは言えない。あくまで素人の感想を言わせてもらえば、ここでいう倫理学が抽象的にであれ一体誰を対象にして誰を想定して考えられているのかという点から見れば、やはり基本的には「社会通念上」の既に規範を「内面化」しているとおぼしき存在ばかりが念頭に置かれていて、ほとんどサロンの内部でのお話に終始しているように思えて仕方がないという点である。

 

 もっとも、倫理学の学説の中でも規範倫理学が扱う問題は、新しい技術や知識がもたらされたことに伴う限界事例における倫理的判断の妥当性の基準などを考察するなど、「常識」だけではどう対処よいかわからない問題に対して我々の倫理的判断を対自化し、なにほどか当該問題について決断を下す栞を提供する役割も担うが、その判断力については等閑視したままで、依然として「常識」人を前提としているし、ほとんど生き方そのものの問題に触れられていない。ともすれば、倫理学はあたかもコンプライアンスのためのマニュアル集と化してしまいかねない勢いである。

 

 僕自身は、今年に関しては行けず終いだったが、8月11日に岡山県中山サーキットで開催される「旧極」という旧車の愛好家たちが集う6回目の祭典に、僕の所属する政治結社の何人かが参加したのだが、そこでは世間のごく「普通」の人々が眉を顰め耳に手をあてたくなるような爆音が鳴り響き、コールの上手さを競い合う旧車會メンバーや暴走族の現役やOBたちでごったがえす。今年もおそらくそうだっただろうが、会場周辺では警察による検問も敷かれていたことだろう。世間からの度重なる非難や警察からの弾圧もあって、旧車乗りの数は激減し、ましてや族自体の存在も壊滅状態にまでなっている状況だ(暴走族のチームが乱立していたかつての北関東や福岡でも、その動きには逆らえず、ほとんどのチームが解散の憂き目にあったが、若干ではあるものの、ド派手なブチ上げ単車を特徴とする茨城や栃木のチーム(具体名は伏せるが)が徐々に復活の兆しを示しているのも確かだ)。

 

 常々思うことは、彼ら彼女らを念頭においた倫理学の書をものするとするならば、どんな形のものになるだろうかということである。何も彼ら彼女らの「常識」に基づく倫理を語れという意味ではない。定められた行為規範に則って行動する規格化された社会通念上の一般人とは一線を画す存在を念頭においた倫理の書、あるいは型に収まらない存在のレベルから立ち上がる倫理にまで射程を伸ばして思考することを促すような倫理学がほとんどみられなくなってしまった。ある意味ストア派の倫理がそうであったように、人間の生の形式にまで遡及する倫理がかつては存在したが、特にカント的義務論や功利主義が席捲するようになった近現代の倫理学は、行為規範のレベルでしか思考しておらず、しかもそこで念頭におかれているのは、すでに一定の何らかの規範を共有する者のみであるということである。広義のリベラリズムはすべからくいずれかの倫理学説と親和的なのは蓋し当然と言わなければならないだろう。しかし重要なのは、そうしたマニュアル集のような倫理学ではなく、マニュアル集をぶち壊すような倫理学が求められているということなのである。