shin422のブログ

右翼反動による「便所の落書き」擬きの日記

裾野を広げる

強豪南アフリカを日本が破るという番狂わせを演じた前回のラグビーW杯から4年後の今年、日本で初めて開催される今大会が今日、名誉総裁を務められる秋篠宮殿下及び妃殿下の御臨席を賜り無事開幕した。日本の対戦相手は世界ランクでは格下とされるもその実力…

ケインズとケインズ経済学

米国では侃々諤々の論争にまで発展して賑わいを見せている「現代貨幣理論(MMT)」が今年に入って日本でも紹介され、入門書まで出版されるにまでなっている。理論経済学の発展ぶりにもかかわらず、意外なことに貨幣論が本格的に論じられるケースは寧ろ稀であ…

憎悪の連鎖

いわゆる「嫌韓」を主張する勢力に対する警戒の声が、「ヘイトスピーチ」規制の実施を求める声となって表れている。かつての「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の活動など「行動する保守運動」を称する一連の排外主義的主張する集団の言動を「ヘイト…

Crisis between the United states and Iran

Yemen’s Houthi rebels launched drone attacks on the world’s largest oil processing facility in Saudi Arabia and a major oil field Saturday, sparking huge fires at a vulnerable chokepoint for global energy supplies. It remained unclear hour…

旭日旗を高く掲げよう

9月13日といえば、明治天皇の御大葬の号砲とともに自宅にて自刃した乃木希典将軍の御命日である。この殉死という出来事は、夏目漱石や森鴎外にも大きな影響を与えた「思想的大事件」であったのだが、乃木将軍の人格や生き方がその人の行く末に爪痕を残した人…

藤原不比等

小林秀雄は「蘇我馬子の墓」(この随筆は、よくよく読めば読むほど不可思議な謎が秘められている文章である。その難解さは「秋」と並んで、戦前に書かれた「無常といふ事」の上を言っていると僕には思われるのだが、いずれにせよ小林秀雄の歴史哲学について…

Westphalian World and China's military buildup

No truly global world order has ever existed. What passes for order in our time was devised in Western Europe nearly four centuries ago, at a pease conference in the German region of Westophalia, conducted without the involvement or even t…

動機と効果意思

平成29(2017)年5月26日に民法の一部を改正する法律が成立したわけだが、民法のうち債権関係規定は,明治29年(1896)年に民法が制定されて以降約120年間ほとんど改正がされていなかったところ、今回の改正は,民法のうち債権関係規定につき、取引社会を支…

Proust on the concept of time(Reprint)

In his ‘Time and Free Will’, Bergson states that the general conception of time is that of a medium in which impressions are arranged in the same kind of order as is found in space: one impression directly follows another. With the excepti…

Probability, Economics, and Rational Choice

Probabilities permeate our lives: they show up in weather reports, science, popular reports of science, predictions about election results, chances for surviving diseases, prices on futures market, and of course, in casinos. Probability pl…

徂徠と丸山

大石内蔵助良雄率いる赤穂旧浅野藩浪士が江戸本所松坂町吉良上野介義央邸に押し入り、吉良の首を討ち取ったいわゆる赤穂事件と称される騒動が起きたのは元禄15年12月14日である。この12月14日には播州赤穂や京都山科では赤穂浪士を偲ぶ義士祭が執り行われ、…

牙をちらつかせる中共と香港情勢

いわゆる「逃亡犯条例」案が議会に上程されて以降、これに抗議する若者を中心とした香港のデモは今もなお続いており、漏れ伝わるところ一層過激さを増してきているという。香港で開催が予定されている「一帯一路サミット」が間近に迫る中、中共中央はこれに…

意識と量子論

主観的経験の由来の説明に関して物理学はさほど役に立つものではないように思われているが、一部の科学者は、おそらく理論物理学の最も深いレベルは、量子物理学が意識の存在を説明するために使用できることを示唆することによってこの質問に解答を供するた…

歴史の皮肉

福沢諭吉が時事新報に所謂「脱亜論」を執筆したのは、甲申事変が勃発した後の明治18年3月である。福沢は強硬な対シナ開戦論を時事新報紙上において展開したために、しばしば当局から社説掲載を禁じられたり、時事新報自身が廃刊処分の危機にさらされたわけだ…

経済の量子論的アプローチ?

経済学に対する量子論的アプローチは、貨幣システムが離散性、不確定性、エンタングルメントなどの量子論的特性を示しているという経験的事実に触発されている。もっとも、量子論的アプローチが経済のあらゆる側面をモデル化する最良の手法となると主張して…

豊饒な「不毛」としての北関東

一度解散したチームが復活し、それを記念する暴走行為が今夜行われるとして、僕の所属する政治結社の二十歳前後の構成員数人が故郷の茨城県西部へと帰省しているのだが、もちろん彼らが直接暴走行為をするわけではない。旧車會には所属しているらしいものの…

常識について

「常識」とは何かと問う時、そこに現れた文字だけを頼りにしてその意味を探ると、「常人でも持っているような知識」となりそうであるが、これだと「常識」の英訳である「コモン・センス(common sense)」ではなく、common knowledgeになってしまう。そもそ…

アラン・バディウ『存在と出来事』・『世界の諸論理』

フランスの哲学者アラン・バディウの著作は数多く邦訳されてはいるが、肝心の主著となると未だ翻訳されていない。その主著とは、L’être et l’événement(以下『存在と出来事』)とその続編のLogiques des Mondes(以下『世界の諸論理』)である。前者すなわ…

香港

いわゆる「逃亡犯条例」案が議会に上程されて以降、これに抗議する若者を中心とした香港のデモは、世界中で大きく報道され、我が国でもその様子が伝えられたが、今では少なくとも日本では既に報道されなくなってきている。しかし、事態は沈静化するどころか…

「清浄な心」と「ふしだらな心」

二十歳の若さで夭折したフランスの詩人であり小説家でもあったレイモン・ラディゲの『ドルジェル伯の舞踏会』は、「ドルジェル伯爵夫人のそれのような心の動きは時代おくれなのだろうか?」という一文で始まっている。このラディゲの恋愛小説は、文学史的な…

津田大介は責任をとるべきである

「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止された。昭和天皇の御真影に細工した「作品」や「慰安婦」を想起させる「平和の少女像」なる「作品」あるいは特攻隊として散華された英霊の方々を冒涜する「作品」などあからさまな反日的…

「アウトロー」の哲学

現代日本を代表するマルクス主義哲学者として著名な廣松渉は、とはいえ一概に「マルクス主義哲学」として包括して理解するにはその範囲を逸脱してしまう側面が多分にある哲学者であり、実際に日本に於いてマルクス解釈につき水と油の関係に立つだろう所謂「…

ますます面白くなってきた日韓関係

来月2日にも日本政府は、輸出管理における優遇措置の対象となる「ホワイト国」から韓国を除外するための政令改正の閣議決定を行うとの見通しだ。韓国政府や韓国の国民の「発狂」ともいえる異常な反応ぶりが報道を通じて伝わっているが、この措置に対して我が…

変態フーコー

久方ぶりにデイヴィッド・ハルプリン『聖フーコーーゲイの聖人伝に向けて』(太田出版)を読み返してみて、ミッシェル・フーコーという歴史家/思想家は、その狭義の政治的主張には同意できなくとも、やはり偉大な知識人だったのだなと改めて思う。フーコー…

ドゥルーズ・ブーム

1980年代に浅田彰『構造と力-記号論を超えて』(勁草書房)が火付け役となってドゥルーズのブームが沸き起こり、蓮實重彦『フーコー・ドゥルーズ・デリダ』(河出文庫)や中沢新一『チベットのモーツアルト』(講談社学術文庫)や宇野邦一『意味の果てへの…

格差問題

今更ながら「リベラル」や左翼が「反緊縮」を掲げている姿を見ると笑うしかないのだが、もちろんその主張は「経済成長はいらない」だの「脱・経済成長」といった経済学知らずの世迷い事を諳んじていたどこぞの哲学系エッセイストの妄言よりは遥かに現実的な…

ドゥルーズの社会存在論

『無の自覚的限定』に収録されている論文「私と汝」において、西田幾多郎は、いかなる具体的な場ではない開かれた普遍性の極限にあるという意味でとりあえず「無」という他ない「場所」が自己限定していく分節作用によって私と汝が何者でもない「裸の存在」…

謎としての自然

『平家物語』巻九は、主として一の谷の合戦の様子が描かれているが、特に「知章最期」の段は、生田の森の大将軍新中納言知盛の心の動きを追っていくことを主旋律として、その知盛の子である知章の最期が物語られてゆく切ない箇所である。監物太郎という侍と…

悪質な不動産業者と金融機関の共謀によって煽られた不動産投資の末路

報道によると、スルガ銀行がシェアハウスなど主力の投資用不動産向け融資に関する全件調査の結果を発表し、行員による審査書類の改竄などの不正や、不動産業者の関与も含めて不正の疑いが判明した融資総額は1兆円超に上ると説明。この額は不動産融資全体の約…

森嶋通夫『思想としての近代経済学』(岩波新書)のすすめ

社全体の政治傾向に対する反発や、専門書であっても事項索引を付けない省エネ編集方針に対する批判はあるが、昔の岩波新書の質は、老舗の名門出版社としての岩波書店らしいレヴェルの高さを誇っていた(全集や著作集を岩波書店から出すのは、一種のステータス…